So-net無料ブログ作成

MINIプレミアムシウマイ弁当 & メガシウマイ弁当 [その他]

1908年の創業から100年超、シウマイといえばその名を知らない人はいない崎陽軒、その崎陽軒から期間限定で発売された「MINIプレミアムシウマイ弁当」と「メガシウマイ弁当」を食しました。販売期間は6月23日(金)から7月22日(土)までで、Webサイト上では既に販売終了となっております。

まずは「MINIプレミアムシウマイ弁当」から。

会社の方が、出勤途中の朝いちに崎陽軒によって購入してきて下さり、崎陽軒弁当ランチ会で戴くことが出来ました。
b2677.jpg

さすがプレミアム、包装もプレミアム、通常のシウマイ弁当とは一味違います。
b2678.jpg

こちらのお弁当、崎陽軒の説明に、
『シウマイ弁当は量が多くて…』といった声にお応えする、華やかな見た目とちょっぴり贅沢な味わいをお楽しみいただける小ぶりのシウマイ弁当です。

とあるように、おかず類も通常のシウマイ弁当よりも贅沢なものが使われていて、そのお品書きが包装の裏に印刷されていました。
b2679.jpg

この段になって自白いたしますが、実は私、崎陽軒のシウマイ弁当を食べるのが十数年ぶりでございまして、通常のシウマイ弁当のおかず類との比較が出来ません(爆)。
b2680.jpg

MINIだけあって量は控えめですが、お味は美味しかったです。入っているシウマイは3つですが、その中の1つはエビシウマイになっています。1,050円というお値段なので、通常メニューになった場合に日頃から買うかというと微妙ですが、新幹線や特急に乗って旅行に行く時などには、ちょっと贅沢な駅弁としてピッタリだと思いました。

この崎陽軒弁当ランチ会の際に、もう一つの限定品「メガシウマイ弁当」の存在を知ってしまった私は、そっちも食べなくてはと崎陽軒の某店舗に予約しました。え?わざわざ予約?と思われるかもしれませんが、なにせ限定品ですから、お店に行って売り切れていたでは悲しすぎますので。

翌日、会社帰りに予約した崎陽軒に寄って購入しました。「メガシウマイ弁当」です。
b2681.jpg


こちらの包装紙は通常のシウマイ弁当と代わり映えはしませんが、しっかりメガとか書かれております。
b2682.jpg


崎陽軒の解説では、
『もっとがっつり食べたい!』『大盛りはないの?』といった声にお応えするために誕生した「メガシウマイ弁当」は、なんと通常のシウマイ弁当の約1.5倍の大きさ!抜群の食べ応えが特長のシウマイ弁当です。

となっております。
b2683.jpg

写真だとぱっとみ分かり辛いですが、俵型ご飯とシウマイにご注目下さい。通常のシウマイ弁当では俵8個、MINIプレミアムでは俵4個ですが、こちらは俵12個です。そしてシウマイも、通常は5個、MINIプレミアムでは3個でしたが、こちらは8個入っております。さすがメガです。カロリーも1,147kcal。これを晩御飯に完食してしまって良かったのでしょうか...(反省)。もちろん、お味は美味しかったです。お値段も1,250円でございました。

限定品に弱い典型的な消費者像に当てはまる私としては、2つの期間限定お弁当を食べられて、大満足です(笑)。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かつしか13122 [その他]

DSC03146w4.jpg


葛飾区に住み始めて11年、このブログを始めて8年が過ぎました(最近は更新が滞っていますが...)。

ブログはその時その時の話題を掲載するのには向いているのですが、その分、どんどん流れていってしまっている気がずっとしていていました。

そこで、いろいろ撮りためた写真を整理してWebにしました。写真のみで文章などはありませんが、なんとか葛飾での11年分の写真から良さそうなものをピックアプして掲載しました。

かつしか13122
http://namnam8.wixsite.com/katsushika13122

今後も葛飾の写真がメインになる予定なので『かつしか』が中心ですが、その他の写真も『東京』や『ベルリン』のようにメニューを作って追加していく予定です(ちょっと時間がかかりそうですが)。

ということで、ご興味がありましたら、ご訪問下さい。

よろしくお願いします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

室外機の日除けカバーを、100均の材料で自作 [その他]

今日の東京の最高気温は32℃、我が家のベランダでは36℃を超え、本格的な夏に突入です。この時期になると欠かせないのがエアコンで、今日も我が家ではエアコンをつけてます。

エアコンの省エネでよく話題に出てくるのが室外機のカバーです。直射日光を避けて室外機そのものが高温になるのを防ぐと冷房効率が上がって、消費電力が抑えられるというものです。

我が家でも、車のフロントガラスの内側に置くような、室外機の上に置く反射板タイプのものをつけていたのですが、1シーズンたつとかなり痛み、銀色の膜もバリバリ剥がれて周りに散る状態になります。値段は1,000円程度なので毎年買い換えていたのですが、掃除も大変だし勿体無いので、ちゃんとしたカバーを購入することにしました。

インターネットで検索してみると、プラスティック製の屋根タイプで3,000円前後、外枠までしっかりあるタイプだと5,000円から10,000円超までありました。

ちょっと高いなぁ...。

ということで、思い切って自作することにしました。自作と言っても、木工で本格的に作るのは時間と手間がかかるので、100円均一ショップの材料を活用した自作です(笑)。

今回のは、8畳用エアコンの室外機なので比較的コンパクト、材料はこれだけです。

b2569.jpg


 ・屋根の骨格となる「ワイヤーフレーム」
 ・屋根になる「すだれ」
 ・室外機に固定するゴム製の「自転車用ロープ」」
 ・(「結束バンド」が家に無い場合はそれも)

まず、すだれの上にワイヤーフレームを置きます。すだれは大きめのを買って、二つ折りにして二重化すると丈夫です。

b2570.jpg


すだれをワイヤーフレームに結束バンドで固定していきます。すだれの目の間に結束バンドを通してまた戻して止める、という簡単なものです。

b2571.jpg


すだれに大きさにもよりますが、基本は両側と真ん中を結べば、かなりしっかりと固定されます。今回は全部で15箇所止めました。ここでポイントは、後でゴムロープを通しますので、左右の1/4か1/3ぐらいのところは、結束バンドで固定せず、間にロープを通せる余裕を持たせておくことです。

b2572.jpg


しっかり固定したら、結束バンドの余って飛び出ている部分をハサミで切りとります。

b2573.jpg


次にゴムロープを、ワイヤーフレームとすだれの間に通して行きます。

b2574.jpg


今回、ゴムロープが2mのタイプで、室外機は1周巻いて160cmだったので、長さ調節のためいワイヤーフレームをぐるっと1巻しています。

b2575.jpg


ワイヤーフレームの途中からゴムの片方の先端を出します。どれくらい手前から出すか=室外機の前に突き出る恒の長さ、になります。室外機の全面に余裕がある場合には、恒を長めに出して、日陰を多めにとると良いと思います。(その場合は、それに合わせた大きめのワイヤーフレームが必要です。)

b2576.jpg


2本のゴムロープを、同じ長さが出る様に調整して、完了です。今回はフレームに余計に1巻しているのでこのままですが、ゴムロープも結束バンドで固定するのも良いかと思います。

b2577.jpg


さて、取り付けです。長く出したゴムロープを室外機の裏側に垂らして落としていく様にして、載せます。

b2578.jpg


室外機の下からゴムロープの端を手繰り寄せて、フックに引っ掛けて繋げれば、取り付け完了です。

b2579.jpg


こんな感じの屋根が出来上がりました。

b2580.jpg


実はこれ2作目で、2週間前に1つ目のを作成しました(その時はブログに載せようと思っていなかったので、写真とか全然取らずに作ってしまいました...)

前作はもっと大きな室外機だったので、一回り小さいワイヤーフレームと、同じく一回り小さいすだれを使って作成しました。

室外機の大きさに合わせて、あと恒をどれだけ前に張り出させるかで、ワイヤーフレームとすだれの大きさを考えればOKです。結束バンドとゴムロープで固定するのは同じパターンです。

屋根に高さを持たせたけば、室外機と屋根の間に発泡スチロール製のブロックを入れるなど、いろいろ工夫が出来ると思います。

今回の材料費は550円+消費税44円、合計594円で出来ました。あとは100円均一ショップのすだれの耐久性を見守ってみます(笑)。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

祝 新規開店 クロスロードフラワーショップ『花や祇(はなやぎ)』 [その他]

このブログでもご紹介した、プリザーブドフラワーと和小物のお店『花や祇(はなやぎ)』が移転したということで、お店にお邪魔してきました。

前のお店は江東区門前仲町でしたが、移転して新たに開店した場所は中央区明石町で、築地駅より徒歩6分、新富町駅より徒歩4分です。

b2547.jpg


お店の入り口に、木目がきれいな看板が出ています。
b2548.jpg


こちらの看板、なんと店長の鎌形実華さんの手造り! 自らノコギリで厚い板を切って制作!! 曰く、生け花をやる人はノコギリも使えるのヨ~、だそうです。凄いです(笑)  ※ 鎌形さんは『生け花(草月流)師範 一級師範総務』

この看板に惹かれてか、外国人の方がお店に来ていました。

中に入るとプリザーブドフラワーが棚に並んでいて、一つ一つにじっくり見入ってしまいます。
b2550.jpg
b2549.jpg


そしてこちらがCREAや日経MJなどでも紹介された「枡フラワー」「長寿の花」です。
b2551.jpg
b2552.jpg


こういうのを敬老の日や、喜寿・米寿・白寿などのお祝いに戴いたら、きっとうれしいですよね。

新しいお店、是非、行ってみてください。

■ プリザーブドフラワーと和小物のお店『花や祇(はなやぎ) http://crossroad-flower.com
   東京都中央区明石町4-9 ココグランズマルビシ1F
    有楽町線 新富町駅6番出口より徒歩4分
    日比谷線 築地駅3番出口より徒歩6分
    営業時間10:00~18:00 休日:土日祝
    地図 Google Map PDF地図

◇「枡フラワー」「長寿の花」はクロスロードフラワー社の登録商標です。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

筑波山 (二) [その他]

(前回の続き)

男体山頂へは再度厳しい登山道が続きます。きついです...。
b2320.jpg

やっぱり展望台まではケーブルカーで来ればよかったかなぁ...と弱気になってきた頃、ついに頂上の神社が見えました。
b2321.jpg

やっと山頂に付きました。登山コースにはいってから男体山頂まで2.3km、2時間弱の登山、なかなかきつい登山でした。

男体山頂には伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祀る本殿があります。
b2323.jpg

山頂から見える景色も爽快です。晴天だったらもっと遠くまで見渡せて綺麗なんでしょうけど、そのぶん登山にはより厳しいわけで、ちょっと曇り位でありがたかったですよ、本当に(笑)。
b2322.jpg

さて、次は隣にある女体山を目指します。一旦、展望台のある地点まで下山、そこから女体山を目指します。
b2324.jpg

こちらはきつくない緩やかな登山道が続きます。
b2325.jpg

途中にガマ石があります。これは元々は雄龍石という石なんですが、この場所で永井兵助が「ガマの油売り口上」を考え出したことでガマ石と呼ばれているということです。
b2326.jpg

さらにしばらく歩けば、女体山頂に到着です。こちらには伊弉冉尊(いざなみのみこと)祀る本殿があります。
b2327.jpg

筑波山の最高地はこちらで標高877mです。さらにこちらの山頂にはゴツゴツした岩が積み重なる頂があるのです。これ結構怖いです。でもみんな頂のところまでいきます。子どもが座っているのもちょっと凄いです。
b2328.jpg

私もそこまで行って、写真を撮ってみました。さすがに見事な景色です。
b2329.jpg

でも、足元はすごく怖いんですけど(汗)。
b2330.jpg

これでなんとか、2つの頂上の両方を訪れることができてました。

さて、下山です。当初からここで様子を見て、歩いて下山するかロープウェイに乗るかを考えようと計画してましたが、はい、当然今回は迷わずロープウェイを選択、乗り場に向かいます。
b2331.jpg

ロープウェイからの景色もなかなかのものでした。
b2332.jpg

ということで、2回にわたって筑波山登山をお送りしました。

ちなみにお土産には、カエル型のクッキーを買ってきました。
b2333.jpg


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

筑波山 (一) [その他]

筑波山に行ってきました。

運動を兼ねてウォーキングをメインにやっていますが、たまに行くのが登山です。これまでも高尾山には3回行きましたが、今回、初めて筑波山に行ってきました。

筑波山は、茨城県つくば市北端にある山で、西側の男体山が標高871m、東側の女体山が標高877mです。以前は交通の便が悪かったようですが、2005年につくばエクスプレス(TX)が開業、と同時につくば駅前からの直行シャトルバスの運行が開始されたことでアクセスが良くなり、訪れる人も多くなっているようです。私もつくばエクスプレスと直行シャトルバスを利用しました。

今回の登山ルートはこんな感じです。
b2308.jpg

行きは直行シャトルバスで筑波山神社で下車、神社を抜けて御幸ヶ原コースで男体山頂上へ、そこから女体山頂上へ行き、下山はロープウェイでつつじヶ丘に下り、そこから直行シャトルバスでつくば駅に戻りました。

帰りはつつじヶ丘からと決めていたものの、女体山頂に着いた時の様子で歩いて下山するかロープウェイに乗るか判断しようと思っていました。で、はい、ロープウェイで下山しました。理由はもちろん、疲れてしまったから(汗)。いや、思っていた以上に大変でした。

それをこれからお伝えします(笑)。

そうそう、さすがの私も筑波山をそんなに甘く見ていたわけではないので、今回はカメラも最小限にしました。持って行ったのはα700本体と、Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di IISigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROTamron 90mm F2.8 Di MACRO の3本のレンズです。

さて、それでは登山へ出発です。

スタート地点は直行シャトルバスの停留所、筑波山神社です。下車してすぐに大きな鳥居が迎えてくれます。
b2305.jpg

ここからまずは筑波山神社に向かいます。
b2306.jpg

最初に見えてくるのが随神門です。徳川三代将軍家光公が1633(寛永10)年に寄進、その後に2度にわたって焼失するもその度に再建され、現在の物は1811(文化8)年に再建されたものです。
b2307.jpg

随神門を抜けてさらに進むと本堂があります。
b2309.jpg

さらに筑波山神社の一角には、他とは明らかに趣の異なるこんなものがあります。
b2310.jpg

これは高さ2.3m、長さ2.5m、直径2.0m、重さ約6tの「宇宙の卵」です。解説には、
万博会場の東ゲートに飾られた科学万博つくば'85のシンボル。強化プラスチック製で銀色鈍く輝く「宇宙の卵」は無数の象徴として生まれみんなであたためる未来の夢が楽しみである。

とありました。

さて、貴重な卵を拝んだ後は(笑)、いよいよ登山開始です。ここが御幸ヶ原コースの出発地点になります。
b2311.jpg

そしていきなり厳しい登山道です。
b2312.jpg

正直、この時点でかなり不安になりました。こんな道が山頂までずっとだとすると、これは相当厳しそう...。カメラも最小限にしてきて良かった。

途中、ケーブルカーのすぐ横に接するポイントがあり、ちょうどゲーブルカーが来たところでした。
b2313.jpg

う~ん、初回はケーブルカーに乗った方が良かったかも、とちょっと弱気になったりしましたが、体力を振り絞って登山続行です。

といっても、相変わらず厳しい登山道が続きます。
b2314.jpg
b2315.jpg

写真では分かりづらいかもしれませんが、木や石の段差は低くなだらかな段差で通常の階段かそれよりちょっと高め、段差のあるとこは50㎝位、大きな岩の場合は1段が60~70㎝位あるような道なんです。平坦な道はほんの一部で、ほとんどかこんな感じなんです。
b2316.jpg
b2317.jpg

正直、本当に今回は辛かったです。決して甘く見ていたわけではありませんが、想定以上に厳しい登山でした。

途中で何度か小休止を撮りながら、登山道の入り口から2時間弱かかって展望台のあるところにやっと到着しました。
b2318.jpg

しかし、実は男体山の頂上はここではなく、さらに登らなければならないのでした。
b2319.jpg

きついなぁ。

(次回に続く)

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ちょっと怖い雰囲気が... [その他]

用事で出かけた先の近所に、小さな遊び場がありました。

b2248.jpg


そこに設置されていた乗る遊具なんですが、ちょっと怖かったです。
ペンキか何かで汚れたしまったようですが、それが血の様な感じを醸し出してます。

b2246.jpg


それと、このアヒルは、そもそも顔がちょっと怖い感じがするのですが...。

b2245.jpg


こういう目で見てしまうのは私の問題で(笑)、遊んでいる子どもたちは全然気にならないんでしょうねぇ、きっと。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

トマトに実が付きました!! [その他]

トマトに実が付きました!!

b2241.jpg


付いた実はまだ1つですが、花はいくつか咲いているので、これからどんどん成ってくれると嬉しいです。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

AKB48 下敷きくじ [その他]

とある商店街のおもちゃ屋さんの店頭に、ありました。

b2219.jpg


こういうのって、大手では売り切れているレア物なんでしょうかねぇ。

私にはその価値はよくわかりませんが、店頭に目立たせるでもなく、手書きの100円の値札付きでぶら下げられている雰囲気が、何とも良い感じでした(笑)。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

トマトに花が咲きました [その他]

先週植えたトマトに花が咲きました。

一緒に植えたアゲラダムとバーベナも写真に撮ってみました。

b2218.jpg
Sony α700 + Tamron 90mm F2.8 Di MACRO : F10, 1/20s, ISO200, 90(135)mm


b2216.jpg
Sony α700 + Tamron 90mm F2.8 Di MACRO : F8, 1/60s, ISO200, 90(135)mm


b2217.jpg
Sony α700 + Tamron 90mm F2.8 Di MACRO : F7.1, 1/60s, ISO320, 90(135)mm


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域